Twitter Facebook
31

ここだけの話ですが、
実は日本語も話せるんです。

海外旅行の醍醐味は、現地の人とのふれあい。基本はアメリカ英語ですが、観光業に携わる人の多いグアムでは、日本語が上手だったり、簡単な英語を汲み取ってくれたりする人が多く、海外デビューの方にもフレンドリーな環境です。ローカルの集まるスポットに出かけてみませんか?

曜日限定のマーケットへ

週末の朝に開催される『デデドの朝市』。広大な敷地にたくさんの露店が並び、グアムで獲れた新鮮な魚や果物などを大量に買い込む地元客の姿もちらほら。 朝市をぐるりと回るだけでも楽しめますが、驚きの朝からBBQやスイーツ(変わり種ではココナツのお刺身など)など、地元の人々に混ざってローカルグルメを食べると、もっとグアム気分に浸れそう。

グアムの工芸品クラフトやアートショップ、飲食店が並ぶ『チャモロビレッジ』では、オーナー自ら店に立つことも多く、コミュニケーションにはうってつけ。さらに、水曜日の夜限定で開催されるナイトマーケットでは、島中から屋台や露店の出店者が集まってきます。 ほかにも、メインパビリオンでは音楽が流れ、ローカルたちが思い思いにダンスしています。簡単な振り付けを教えてくれることもあるので、恥ずかしがらず、一緒に踊ってみましょう。

ローカルの憩いのスポットも楽しんでみよう。

タモン湾の南西端にある『ガバナージョセフフローレスメモリアルパーク(イパオビーチパーク)』の後方には大きな公園があり、芝生の広場にある屋根付きの休憩所はローカルに人気のスポット。常設のバーベキュー台もあるので、週末にもなると賑わっています。電話予約すれば、観光客でも利用できますよ。公園中央の野外ホールでは、コンサートやイベントが行われることも。

イパオビーチのお隣のマタパンビーチも、小さな公園にガゼボがあり、BBQする人の姿が。観光客の少ない美しいビーチなので、ここでのんびり過ごすのもおすすめです。

南部のイナラハン村にある『イナラハン天然プール』は、溶岩で海水がせき止められたことで自然にできあがったプール。波がないので安心して遊べることはもちろん、飛び込み台があるので子どもたちにも大人気です。天然プールの水辺で、日光浴する人も。 ローカルの休日の楽しみ方を体験することこそが、その土地を知ることへの第一歩。一緒になって遊んでみませんか?

Twitter Facebook
グアム政府観光局