23

ホノルルまで待ちきれない。

実はグアムにも、海外ランデビュー組から本格派ランナーまで楽しめる活気あるマラソン大会がいくつもあります。また、ほぼ毎週末、5kmラン&ウォークのイベントが開催されています。

世界中からランナーが集まるマラソン大会

オリンピックの金メダリスト・高橋尚子選手が大会アンバサダーを務める『ユナイテッド・グアムマラソン』は、毎年世界中からのランナーが集まり、日本人の常連も多い大会。マラソン、ハーフマラソン、10km、5kmの4種目からなり、自分の力量に合ったランに挑戦できます。 マラソン後はリゾート施設でゆったりと過ごせる、充実のプランが揃ったパッケージツアーが多いのも魅力です。 グアムの固有種鳥で、絶滅危惧種でもある“ココバード”の保護活動を目的に開催される『グアムココロードレース』は、ハーフマラソンをはじめ、4人で20kmを走る駅伝、10kmのランとウォークなど種目がユニークです。また、スタート前のウォーミングアップでズンバを踊るのもグアムならでは。12歳以下の子どもが参加できる『グアムココキッズファンラン』も開催されており、『グアム ココロードレース』に申込むと、お子様はこちらのレースが無料となります。

足慣らしに最適なのは、ほぼ毎週末開催されているローカルランイベント。5kmのランが多く、早朝から快適な汗を流すことができます。地元企業や教会、学校などが主催し、完走するとTシャツなどのアイテムがもらえることも。思い出作りを兼ねて、ファミリーで出場してみては? 現地のランニングクリニックがとりまとめた2017年のランイベント一覧はこちら

ランだけじゃ物足りない人はチェック!

グアムの自然を体感できる競技は、ランだけではありません。『ツアーオブグアム』は、最長のコースに参加すれば島の南部を一周りできるサイクリングイベント。タイムを競うコンペティション部門と、自分のペースで走るサイクリング部門に分かれ、申し込み時に選択します。親子で走る姿も多く、ゴール後に振る舞われるハンバーガーも楽しみのひとつです。